知らないと損、住宅価格

知らないと大損!! 住宅価格にはカラクリが。

家づくりをはじめたら、まずは予算の問題が第一に上がります。
無理をせず住宅ローンの返済ができるかどうか試算するためには、自分が建てようとしている家が「いったい、いくらで建てられるのか?」を正確に知りたいところです。
ところがこれが意外と大変。

家の価格はどうやって決まるのでしょうか?

住宅メーカーの広告をみて、「お値打ち価格」とあったので契約したら、想定外の「追加費用」が上積みされてきて、気付いたら大幅な予算オーバーになって・・・・真っ青という話を聞きます。
ハウスメーカーのテレビCMやチラシで「坪26万円」などお値打ち感をアピールするための表示をよく見かけますが、広告などに記載されている金額は鵜呑みにせず、しっかりと本当の「お値打ち価格」を見極める目が必要かと思います。

ハウスメーカーでとられたお見積もりと工務店のお見積もりを比較すると、同じような内容で価格差が発生していることに気付かれると思います。
内容が全く一緒という訳ではありませんが、ご予算内で出来るだけの希望を叶えようと思えば地域密着の小さい工務店の方が魅力的です。
ハウスメーカーのように、大量の広告費や多くの営業マンの人件費、下請工務店への丸投げ施工体制等・・・、の無駄なコストがかからないからです。

例えば莫大な宣伝費は一体だれが支払うのでしょうか? 実はその大手メーカーで家を建てたお客様の工事費に上乗せされているのです。

住宅の本体価格は、屋外給排水工事、配線工事、外構などの付帯工事と各種申請費、登記費用など、さまざまな費用を差し引いた、「居住スペースのみの価格」をさすことが多いようです。
でも実際のところ、本体価格だけでは家は建っても、住むことはできません
「本体価格○○○円」とあるときには、その価格がどんなものを含んでいる価格なのかを忘れずに確認しましょう。
「お値打ち」とある場合は、本体価格以外に必要となる付帯工事費や諸経費などを上乗せしたトータルな価格で判断しなければなりません

知っ得ポイント!〜 坪単価 〜
坪単価とは、「本体価格÷面積」によって求められる価格のことです。
本来面積とは「延床面積」をさすのですが、吹き抜け、ポーチ、テラス、バルコニーなどは延床面積には含まれません
これらをすべて含んだのは施工面積といいます。
知っ得ポイント!〜 モジュールの違いによる坪単価 〜
モジュール(基準寸法)の違いによっても坪単価は変わってきます。
代表的なのは「尺910モジュール」と「1000メーターモジュール」です。
同じ4LDKの間取りを作った場合、尺モジュールに比べてメーターモジュールの方が概ね20%程度広くなります
しかし、建設費や材料費は同じ割合で増え る訳ではなく、若干安くなるため、メーターモジュールで算出した坪単価のほうが安くなります
もちろん総額では、メーターモジュールの方が面積も増加した 分高くなるのですが、坪単価に直せば安く見えるということなのです。

坪単価にひそむカラクリ・・・

価格が坪単価で表記されている場合は、本体価格を割る面積にも注意しなくてはいけません。
住宅価格表示で、あたかも安くみせようとすれば、「建物本体価格の坪単価表示」であり、本体価格をできるだけ低くしてその分、付帯工事費や諸経費に上乗せする。
また面積は延床面積ではなく、施工面積を使う。
そしてモジュールは当然ながらメーターモジュールを採用すれば坪単価は安い価格になります。
坪単価で比較したいのであれば、総額を延床面積で割ってみることです。

iHOT!ハウスの心得
  1. 価格はフェアープライスであること
  2. 価格のわかりやすい「フルコミ価格」を採用
弊社のフルコミ価格
本体工事、仮設費、監理費・設計費、確認申請費、内部給排水工事、地盤調査費、検査費(瑕疵保証含む)、照明器具、TVインターホン、全室ペアガラス、網戸、が全部入ったわかりやすい価格設定です。 (屋外給排水、外構工事、エアコン、カーテン工事は別途となります)

※立地条件などにより別途費用が必要となる場合があります。 ※またお客様の特別な注文等がある場合は別途費用がかかります。

このように、iHOT!ハウスでは、ごまかしのないフェアープライスと、わかりやすいフルコミ価格をご提示します。
どうぞ安心してご相談ください。